HOME>イチオシ情報>どういう方法で受診をすることになるのか知っておこう

どういうところで相談するのか

医者

仕事によって受けたストレスなどが原因で体調不良が生じた際には、産業医に相談をするのがよいでしょう。適切なアドバイスを受けることができるので、診断書なども出してもらえることがあります。仕事と体調不良との因果関係もハッキリさせてくれるというメリットがあるので、一般の医療機関を受診するよりはよいでしょう。休職の必要性なども理解していてくれているので、必要であれば休職をする手続きを取ってくれることもあります。ストレスは病気の原因となってくるので、早めの受診も必要です。一般的には企業が契約をしている医師に相談をすることになり、企業側で申込みをしてくれることがあるので、まずは勤務先の福利厚生面をチェックしてみるとよいでしょう。そうすることによって、受診もスムーズに行うことができ、安心をして相談をすることが出来るようになってくるでしょう。指定された曜日に相談を行うとしている場合も多いです。

企業側で提携

医者

企業に勤務をしていると産業医と契約をしていることが多く、受診をしたいという場合には管理をしている部署に申込みをするという流れが多いです。所定の申請用紙に記入をして提出をするという申し込み方法を採用しているような企業もあります。各企業によって、受診の方法が異なっていることがあるので、チェックをしておくとよいでしょう。またどういう症状が出ているのか、その説明もできるようにしておくとよいでしょう。どんな時に症状が現れるのかなど、箇条書きでも書いておくとよいかもしれません。そうすることによって時間も有効に使うことができるようになり、症状も詳しく産業医に伝えることもできるようになるので、悩み事も漏れることがありません。